四万温泉積善館「館内歴史ツアー」(2月19日)

歴史・文化

0219

アンケートをご紹介いたします。
東京都 20歳 男性
積善館の長い歴史が、
社長さんの巧みな話術によって
頭の中にすんなりと入ってきて、
聞いていて心地よかったです。
温泉に入ることの意味、
日本人として知っておくべきことを
短時間で凝縮して学ぶことができました。
これからもこのツアーは
続けていってほしいです。
宮城県 50歳 男性
とてもわかりやすく、楽しくご説明頂き、
興味深く聴かせて頂きました。
いろいろとご苦労も多いかと思いますが、
歴史あるこの建物、温泉を是非、
後世に繋いでください。
東京都 52歳 女性
ツーに参加してよかったです。
祖母がよく、湯治で四万に来ていたと
同行している母から聞いていました。
山奥によく来ていたなと思いましたが、
昔の人々はもっと大変な思いをして
1日がかりで来ていたとは、
想像を絶します。
我慢強いなとつくづく感じました。
社長様、いつまでもお元気で
つなげていって下さい。
新潟県 49歳 男性
湯治と言えば、
近くの農民が疲れた体を休め(休養、治療、隔離?)に
来る場所のイメージが強かったが、
立派な建物を見るとそのイメージがズレてくる。
温泉本来の有難みを
後世に伝えて貰いたいと思う。
奈良県 19歳 女性
ご飯もとてもおいしくて、
ツアーもとても楽しかったです。
旅館もとても素敵な所でした。
奈良県 50歳 女性
とてもおもしろく、
楽しいツアーでした。
奈良県 72歳 女性
とても楽しかったです。
福島県 20歳 男性
18代目の写真が見たいです。
何故、18代目の写真はないのでしょうか?
(はい。存命中のためです。亭主)
神奈川県 50歳 男性
大変古くからの歴史を体験出来ました。
変わらぬまま残して頂きたいと思います。
お話しを聞き、昔の時代を感じながら
湯につかりました。
これからもツアーを続けて下さい。
有難うございました。
神奈川県 48歳 女性
とても楽しく参加させて頂きました。
内容もとても満足できるものでした。
ツアーの中での説明でなくても良いのですが
「部屋の名前の由来」
「山荘20号」はなぜ20号になのか
気になりました(笑)。
社員の皆様の接客もとてもすばらしく、
お湯もやわらかく入りやすかったです。
又、寄せて頂きます。
ありがとうございました。
(当初、山荘の各部屋は番号で呼んでいました。
その後いくつかの部屋が現在の「瑠璃」「茜」等の
呼称に代わりました。番号で呼ばれている部屋は
古いままの名前で残ったものです。亭主)
前橋市 75歳 男性
娘と孫につれられ四万に送り迎え、
温泉キップもらい
毎日毎日が今が天国
ありがたや
神奈川県 55歳 女性
歴史ツアーとても楽しく
聴かせて頂きました。
ありがとうございました。
空いているお部屋があれば
宿泊できるお部屋の種類も観たかったです。
「千と千尋の神隠し」のグッズがあっても
売れるかもしれませんね。
アニメの絵をそのスポットに置いて頂くと
また楽しいです。
東京都 43歳 男性
日本の歴史は近年改めて
注目されていると思います。
スライドの説明は大変興味深いものでした。
昔、湯治が主だった頃の臨場感を味わう上で、
当時の写真や、
杜の湯前に展示されている時代ごとの
積善館の姿をもっと見てもよいのではと
思いました。